初心者必見!ハンドメイド商品の価格決めは簡単3ステップ

ハンドメイド作品の価格の決め方

ハンドメイド作品をいくらで売ったらいいのか悩みます…

ハンドメイヌ

ベティコ

分かります!私も悩みました。他の作家さんはどのように値段を決めているか調べてみたから参考にしてね。

今回参考にさせていただいたのがこちらの本です。minneで人気の作家さんが丁寧に解説されています。

こちらの本はアマゾンキンドル読み放題(Kindle Unlimited)なら無料で読めます。スマホで気軽な電子書籍読み放題、初めての方は30日間無料ですよ→Kindle Unlimited無料体験

利益は「原価の3倍」を目安に設定しよう

販売価格は原価+利益で考えます。

原価とは?
  1. 材料費
  2. 材料を買いに行く交通費
  3. 商品撮影の時に使った小道具の代金
  4. 梱包の資材
  5. 自分の労働時間
  6. 特殊な技術で作品制作している場合は技術料

原価そのままで販売するとハンドメイド作家の儲けはありません。原価に利益を足して販売価格を決めます。では利益はどう決めたらいいのでしょうか。

『確実に稼げるminneハンドメイド副業入門』の著者、大嵜幸子さんは「一般的なハンドメイド販売では利益を原価(経費)の3倍程度で考える作家さんが多い」と書いています。

ベティコ

仮に、一つ作品を作る際に材料などの経費が500円かかるなら、利益を1500円と考えて、商品価格は2000円ということですね!

イベントで販売するなら出展料、ネットや委託先で販売するなら販売手数料を考えて、商品価格に足すといいと思います。

それだとすごく高くなっちゃうんですけど…

ハンドメイヌ

ベティコ

分かります!この値段で買ってもらえる?と不安になりますよね。

『確実に稼げるminneハンドメイド副業入門』の著者、大嵜幸子さんは「友達に聞いてみる」方法をおすすめしています。

商品画像を友達に送って「このピアスいくらだと思う?」と聞いてみるそう。

ポイント
一般のお客さんが購入する時と同じように、実際に使っている商品写真をスマホ越しに見てもらって価格を聞いてみる。

ベティコ

自分が作ったとかそういう情報も一切伝えず、先入観なく複数の人に見てもらうのがいいかもね!

ちょっと脱線しますけど、私以前に某有名洋菓子店で、商品モニターのバイトをしていたことがあるのですが、新商品が目の前におかれ、まず聞かれるのが…

見た目だけで判断してください。いくらなら買いますか?

そのあとパンを食べてくださいって言われまして、一口とかじゃないんです。全部食べ切るんです。それで…

ボリュームや味などが分かった上で、いくらなら買いますか?

という聞かれ方をいつもされていました。その場に毎回20人くらい呼ばれていたので平均をとって価格決めの参考にしていたのだと思います。

ネットでのハンドメイド販売で考えるなら、お客さんはまず写真(見た目)で購入金額を判断するってこと?

ハンドメイヌ

ベティコ

そうだね!その第一印象に対して、商品に満足したかガッカリしたか、私たちも普段の買い物で無意識にそのジャッジをしてるかもね。

ボランティアなら別ですが、ハンドメイド作品の販売を副業としてやっていくなら、少なくとも赤字では続きません。利益も大切です。安くしすぎると後々値上げしにくい点も注意ですね。

まとめ

ベティコ

ハンドメイド商品の価格決めは簡単3ステップです。
  1. 原価を把握する
  2. 利益を計算する(原価の3倍が目安)
  3. 1と2を足して、販売手数料などをのせる

商品価格=原価+利益+販売手数料だよ!

ハンドメイヌ

値上げは後からしにくいので注意です。私も後々値上げのタイミングを悩みました。それから高く売りたいなら第一印象(作品写真!)も大切です。

ベティコ

周囲の意見も聞いてみて、目安となる商品価格に届かない場合は、写真の撮り方などを変えてみるといいかも。ではでは~!